【人気沸騰】クレジットカード投資のオススメはこれだ!!

今、クレジットカードでの投資が大人気です。最大のメリットはカード決済によるポイント還元が得られることです。主要なクレジットカード投資をまとめてみました。

f:id:payka:20220112150512p:plain

 

私の独断と偏見に基づきオススメ順に並べてみました!!①~③は積極的にやりたいカード投資で、全参加で月15万円の入金力が必要です。④~⑥はちょっと微妙なカード投資です。

 

① 楽天カード&楽天証券~やっぱりSPU+1%は強い!

楽天カードを使って毎月100円~50,000円を還元率1%で投資できます。つみたてNISAも可能です。

オススメする最大の理由は「月500円以上の積立かつ1ポイント以上の利用」で楽天市場のSPUが+1%になることです。楽天市場を使う方なら最低ラインの月500円は必ずやりたいところです。楽天市場や楽天ポイントを日常的に利用していない方でも、還元ポイントはそのままカード支払いに充当できるので全く無駄もストレスもありません。

来年度より楽天証券に改悪あり…

楽天証券では楽天銀行のハッピープログラムの1つに、投資信託の保有残高に対して年率0.036%~0.12%のポイントが付与される制度があります。これが2022年4月より変更になり、資産残高が"はじめて"一定額に達したときの1回に限り年率0.0025%~0.01%のポイント付与となります。例えば、eMAXIS Slim 全世界株式を1,000万円保有している場合、これまでは年率0.036%=毎年3,600Pが付与されていたのに対し、新制度では残高1,000万円に到達した時に1度だけ500Pが付与されることになります。保有残高が多い方には残念な改悪です。

f:id:payka:20211228222224j:plain

 

② 三井住友カード&SBI証券~投信マイレージと上位クレカがアツい!

2021年6月30日にスタートした新しいカード投資です。Vポイントが貯まる三井住友カードで毎月100円~50,000円を還元率0.5%で投資できます。つみたてNISAも可能です。

SBI証券の大きなメリットは「投信マイレージサービス」です。保有残高に対するポイント還元のことで、残高1,000万円未満なら年率0.1%、1,000万円以上なら年率0.2%のポイントが還元されます (SBIプレミアムチョイス銘柄は年率0.15%、0.25%)。別途年率が指定されている銘柄もあります。例えば、eMAXIS Slim 米国株式は年率 0.0340%、全世界株式は年率 0.0420%です。貯まるポイントは汎用性の高いTポイントかPontaポイントを選ぶことができ、これも大きなメリットです。投資信託の保有残高が多い方は、楽天証券よりもSBI証券が強いですね。

f:id:payka:20210628005451p:plain

また、上位カードほど高還元率で投資ができることも特徴です。ノーマルカードは還元率0.5%ですが、ゴールドカードなら還元率1%、プラチナカードなら還元率2%で投資が可能です。三井住友カードゴールドNLや三井住友カードビジネスオーナーズゴールドNLは年会費永年無料で維持できるゴールドカードなので、還元率1%で投資をしたい方にオススメです。

f:id:payka:20211229002810j:plain

 

③ マネックスカード/マネックス証券~還元率1%で上位ポイントが貯まる!

2022年1月スタート予定の新しいクレジットカード投資です。マネックスカードで毎月100円~50,000円を還元率1%で投資できます。つみたてNISAも可能です。

マネックスポイントはTポイント、Pontaポイント、dポイント、Amazonギフト券など交換先が豊富なので安心して貯められます。積極的に参加したいクレジットカード投資です。

 

④ エポスカード&tsumiki証券~高還元率を目指せるが信託報酬率が高い

毎月100円~50,000円を還元率0.1%~0.5%でカード投資できます。1年目0.1%~5年目以降0.5%になります。つみたてNISAも可能です。

エポスゴールドカードでの投資では高還元率を目指すことができます。ゴールドカード特典として、年間利用100万円でボーナスポイント特典 (個人)+10,000P、ボーナスポイント特典 (ファミリー登録)+1,000Pが付与されます。さらに、丸井グループの株主優待 (100株)で+2,000Pが付与されます。よってtsumiki証券+カード利用=年間100万円ジャストにすれば、最大+1.3%還元 (計1.4%~1.8%還元)にすることが可能です。還元率の内訳は下表の通りです。 

f:id:payka:20210511120309p:plain

但し、積極的にはオススメできません。対象商品が投資信託5本のみと少なく、信託報酬率が年率0.57%~1.35%と高めです (emaxis Slim米国株式は年率0.0968%)。長期投資には不利になります。

f:id:payka:20211118004516p:plain

よって結論としては、エポスカードの利用実績を積みたい方にオススメのクレジットカード投資です。例えば、① 年間利用100万円にするための帳尻合わせ、② エポスゴールドカードへの修行などです。


⑤ セゾンカード/UCカード&セゾンポケット~個別株を積立てられる

セゾンカード/UCカードで毎月1,000円~50,000円を還元率0.1%で投資できます。対象商品は少なく、投資信託2本、ETF、個別株から選べます。ETFや個別株への積立ができるのがメリットですが、さすがに還元率0.1%ではあまり魅力を感じません。ちなみに、セゾンクラッセ★6の場合は+0.5%で計0.6%還元になりますが、★6を維持していくのはなかなか難しいと思います。

 

⑥ イオンカード&ウェルスナビ~初のクレカでロボアド投資

まだ詳細未定ですが、イオンカードでウェルスナビのロボアド投資ができるようになるそうです。但し、ロボアド投資の手数料は残高に対して1.1%と、投資信託の比にならないくらい高いので慎重に考える必要がありますね…

 

今後のカード投資に期待すること (偏見)

・iDeCoのクレジットカード投資は制度として認められていないので、是非、導入してもらいたい!

・au PAYカード&auカブコム証券、PayPayカード&PayPay証券でもクレジットカード投資をはじめてほしい!

・楽天カードも三井住友カードのように上位クレカで還元率を優遇してほしい!