ペイことポイ活

暮らしにご褒美と贅沢を

Visa LINE Payクレカ 3%終了後は「Tカード Prime」もお得!「JQ CARD エポスゴールド」との比較も!

Visa LINE Payクレジットカードの還元率3%キャンペーンは、2021年4月で終了します。「Tカード Prime」は手っ取り早く高還元率(2.5%)が狙える優秀なクレジットカードですので、メインカードの候補になると思います。Tカード Primeについてまとめてみました。 

私のイチオシ「JQ CARDエポスゴールド」についてはこちらを。 

  

 

🌸 Tカード Primeのおもしろい特徴

基本還元率は1%ですが、日曜日限定で1.5%(200円ごとに3Pt)に増加します!貯まるポイントはTポイントですので出口も豊富でストレスありません。年会費が税込1,375円ですが、年1回のショッピング利用があれば無料です。カードブランドはMasterCardです。

 

🌸 実際の支払い方法はコレだ!

クレジットカード、電子マネー、QRコード決済の設定をまとめると以下のようになります。基本的なやり方としては、日曜日にTカード PrimeでKyashにチャージ (1.5%還元)し、Kyashで支払う (1%還元)ことで計2.5%還元を狙うことになります。この還元率が維持されるのは月間利用12万円までです(Kyashポイントの付与上限が月間1,200Ptのため)。モバイルSuica/PASMOにはKyashからチャージできないので、6gram (RevolutでもOK)を経由することで還元率2.5%が維持できます。これでほぼ全決済を還元率2.5~3.5%にできます。

f:id:payka:20201122223817p:plain


参考までに、JQ CARD エポスゴールドを利用した場合は以下のようになります。実は最大還元率は全く互角なのです!

f:id:payka:20201120154826p:plain

 

🌸 JQ CARD エポスゴールドとTカード Primeの比較

➊ 還元ポイントの種類 (JQ CARDエポスゴールドが有利)

最大還元率2.5%の状況で比較してみます。

クレジットカード(店舗決済)やQRコード決済の場合、JQ CARD エポスゴールドもTカード PrimeもKyash紐づけになるので、1.5%分がJQポイントないしTポイント、1%分がKyashポイントになります。これは大差ないと思います。JQポイントもTポイントも汎用性が高く、非常に使いやすいポイントです。

ところが、クレジットカード(オンライン決済)や電子マネー決済の場合、JQ CARD エポスゴールドではポイントアッププログラムで6gramを利用できるので、2.5%分がJQポイントになります。一方、Tカード Primeでは先ほどと同様、1.5%分がTポイント、1%分がKyashポイントになります。これは圧倒的にJQ CARDエポスゴールドが有利です。KyashポイントはKyash内に限り1P=1円でしか利用できず、汎用性に欠けます。

➋ 最大還元率の狙いやすさ (Tカード Primeが有利だが月間決済額に注意)

Tカード Primeの場合、日曜日にKyashチャージすることさえ守れば、月間12万円までは最大還元率2.5%が維持され、それを超えると1.5%になります。電化製品やPC機器の購入などで一度に高額決済をする場合、上限額を超過する可能性があります。

JQ CARDエポスゴールドの場合、最大還元率2.5%になるのは年間100万円利用時で、それ未満では1.5%、超えると還元率は徐々に下がります。年間ちょうど100万円利用を狙うのが賢い使い方です。そして、店舗決済などでKyashを利用する場合は、Tカード Prime同様、月間12万円までの制約を受けます。しかし、オンライン決済では6gramで高還元が狙えるので、Kyashの利用枠を温存することができます

➌ 公共料金・税金・年金の支払い (JQ CARDエポスゴールドが有利)

Kyashポイントの還元対象外の決済では、Tカード Primeは不利になります。一方、JQ CARD エポスゴールドでは公共料金やヤフー公金をポイントアップショップとして選べるので、最低でも1.5%還元を確保でき、最大還元率は上記の通り2.5%を狙えます。

➍ カードとしての価値 (JQ CARDエポスゴールドが有利)

エポスゴールドのメリットとして大きいのは丸井グループの優待です。年に4回開催される「マルコとマルオの7日間」では10%OFFでショッピングができます。優待加盟店も多く、空港カードラウンジも利用できます。また、tsumiki証券でつみたて投資が可能です。このようにJQ CARD エポスゴールドはゴールドカードとしての価値があります。但し、旅行保険はTカード Primeの方が優れており、海外旅行保険 (最高2,000万円)と国内旅行保険 (最高1,000万円)が付帯しています。JQ CARD エポスゴールドは海外旅行保険 (最大1,000万円)が付帯しますが、国内旅行保険は付帯していません。 

 

🌸 「JQ CARD エポスゴールド」と「Tカード Prime」どちらにするべき?

Tカード Primeの方が最大還元率を簡単に達成できますが、最大の欠点はKyashに依存しすぎている点です。基本的にTポイント 1.5%+Kyashポイント 1%=2.5%という構成です。KyashポイントはKyash内で1P=1円で消費でき便利ですが、汎用性がありません。

JQ CARD エポスゴールドはカード自体の特典で、還元率2.5%分のJQポイントを貯めることができます。JQポイントはあらゆるポイントに交換できますし、ANAマイルにレート70%で交換できます。1P>1円にすることが容易で、汎用性に優れています。

どちらも甲乙つけ難いですが、私はJQ CARDエポスゴールドを優先したいと思います。年間100万円に到達したら、Tカード Primeにシフトするのも良いですね。

f:id:payka:20201023164257p:plain

 

🌸 結論は結局…自分の生活スタイルで決めるべし

まぁ結論としては、自分の生活スタイルに適する決済方法や利用しやすいポイントで選ぶのがよろしいかとおもいます。

web.tsite.jp