ペイことポイ活

暮らしにご褒美と贅沢を

Visa LINE Payクレカ 3%終了後は「Tカード Prime」もお得!「JQ CARD エポスゴールド」との比較も!

Visa LINE Payクレジットカードの還元率3%キャンペーンは、2021年4月で終了します。「Tカード Prime」は手っ取り早く高還元率(2.5%)が狙える優秀なクレジットカードですので、メインカードの候補になると思います。Tカード Primeについてまとめてみました。 

私のイチオシ「JQ CARDエポスゴールド」についてはこちらを。 

  

 

🌸 Tカード Primeのおもしろい特徴

基本還元率は1%ですが、日曜日限定で1.5%(200円ごとに3Pt)に増加します!貯まるポイントはTポイントですので出口も豊富でストレスありません。年会費が税込1,375円ですが、年1回のショッピング利用があれば無料です。カードブランドはMasterCardです。

 

🌸 実際の支払い方法はコレだ!

クレジットカード、電子マネー、QRコード決済の設定をまとめると以下のようになります。基本的なやり方としては、日曜日にTカード PrimeでKyashにチャージ (1.5%還元)し、Kyashで支払う (1%還元)ことで計2.5%還元を狙うことになります。この還元率が維持されるのは月間利用12万円までです(Kyashポイントの付与上限が月間1,200Ptのため)。モバイルSuica/PASMOにはKyashからチャージできないので、6gram (RevolutでもOK)を経由することで還元率2.5%が維持できます。これでほぼ全決済を還元率2.5~3.5%にできます。

f:id:payka:20201122223817p:plain


参考までに、JQ CARD エポスゴールドを利用した場合は以下のようになります。実は最大還元率は全く互角なのです!

f:id:payka:20201120154826p:plain

 

🌸 JQ CARD エポスゴールドとTカード Primeの比較

➊ 還元ポイントの種類 (JQ CARDエポスゴールドが有利)

最大還元率2.5%の状況で比較してみます。

クレジットカード(店舗決済)やQRコード決済の場合、JQ CARD エポスゴールドもTカード PrimeもKyash紐づけになるので、1.5%分がJQポイントないしTポイント、1%分がKyashポイントになります。これは大差ないと思います。JQポイントもTポイントも汎用性が高く、非常に使いやすいポイントです。

ところが、クレジットカード(オンライン決済)や電子マネー決済の場合、JQ CARD エポスゴールドではポイントアッププログラムで6gramを利用できるので、2.5%分がJQポイントになります。一方、Tカード Primeでは先ほどと同様、1.5%分がTポイント、1%分がKyashポイントになります。これは圧倒的にJQ CARDエポスゴールドが有利です。KyashポイントはKyash内に限り1P=1円でしか利用できず、汎用性に欠けます。

➋ 最大還元率の狙いやすさ (Tカード Primeが有利だが月間決済額に注意)

Tカード Primeの場合、日曜日にKyashチャージすることさえ守れば、月間12万円までは最大還元率2.5%が維持され、それを超えると1.5%になります。電化製品やPC機器の購入などで一度に高額決済をする場合、上限額を超過する可能性があります。

JQ CARDエポスゴールドの場合、最大還元率2.5%になるのは年間100万円利用時で、それ未満では1.5%、超えると還元率は徐々に下がります。年間ちょうど100万円利用を狙うのが賢い使い方です。そして、店舗決済などでKyashを利用する場合は、Tカード Prime同様、月間12万円までの制約を受けます。しかし、オンライン決済では6gramで高還元が狙えるので、Kyashの利用枠を温存することができます

➌ 公共料金・税金・年金の支払い (JQ CARDエポスゴールドが有利)

Kyashポイントの還元対象外の決済では、Tカード Primeは不利になります。一方、JQ CARD エポスゴールドでは公共料金やヤフー公金をポイントアップショップとして選べるので、最低でも1.5%還元を確保でき、最大還元率は上記の通り2.5%を狙えます。

➍ カードとしての価値 (JQ CARDエポスゴールドが有利)

エポスゴールドのメリットとして大きいのは丸井グループの優待です。年に4回開催される「マルコとマルオの7日間」では10%OFFでショッピングができます。優待加盟店も多く、空港カードラウンジも利用できます。また、tsumiki証券でつみたて投資が可能です。このようにJQ CARD エポスゴールドはゴールドカードとしての価値があります。但し、旅行保険はTカード Primeの方が優れており、海外旅行保険 (最高2,000万円)と国内旅行保険 (最高1,000万円)が付帯しています。JQ CARD エポスゴールドは海外旅行保険 (最大1,000万円)が付帯しますが、国内旅行保険は付帯していません。 

 

🌸 「JQ CARD エポスゴールド」と「Tカード Prime」どちらにするべき?

Tカード Primeの方が最大還元率を簡単に達成できますが、最大の欠点はKyashに依存しすぎている点です。基本的にTポイント 1.5%+Kyashポイント 1%=2.5%という構成です。KyashポイントはKyash内で1P=1円で消費でき便利ですが、汎用性がありません。

JQ CARD エポスゴールドはカード自体の特典で、還元率2.5%分のJQポイントを貯めることができます。JQポイントはあらゆるポイントに交換できますし、ANAマイルにレート70%で交換できます。1P>1円にすることが容易で、汎用性に優れています。

どちらも甲乙つけ難いですが、私はJQ CARDエポスゴールドを優先したいと思います。年間100万円に到達したら、Tカード Primeにシフトするのも良いですね。

f:id:payka:20201023164257p:plain

 

🌸 結論は結局…自分の生活スタイルで決めるべし

まぁ結論としては、自分の生活スタイルに適する決済方法や利用しやすいポイントで選ぶのがよろしいかとおもいます。

web.tsite.jp

Visa LINE Payクレカ 3%終了後は【JQ CARD エポスゴールド】に決めた!

Visa LINE Payクレジットカードの還元率3%キャンペーンは、2021年4月で終了します。このキャンペーンが終わったら何で払うのがお得なのか?考えてみた結果、JQ CARD エポスゴールドに落ち着きましたので、戦略をまとめました!

 

 

🌸 JQ CARD エポスゴールドがオススメな理由

ほぼすべての決済の還元率を2.5~3.5%にすることができます!さらにポイントの出口も豊富でストレスありません。

なお、JQ CARD エポスとエポスカードの違いは後述しますが、JQの方がポイ活やANAマイル交換に少し有利です。ただ基本的に両者はほぼ同じですので、置き換えて読んでいただければ幸いです。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポス(ノーマル)からインビテーションを受けると持つことができます。なんと年会費無料のゴールドカードです。還元率は0.5%で、貯まるポイントはJQ (JRキューポ)ポイントです (エポスカードはエポスポイントが貯まります)。大したことなさそうなカードに聞こえますが、ゴールドカード特典で還元率がアップします。

  • 年間利用100万円で1万ポイント進呈 (実質1%上乗せ)
  • 選べるポイントアップショップ 3倍 (1%上乗せ)

選べるポイントアップでは300以上の加盟店から3加盟店を選ぶことができ、その加盟店での決済が還元率3倍 (+1%=1.5%)になります。選べる加盟店は以下のリンクから確認できます。

 

🌸 選ぶべきポイントアップショップは?

1つはmixi、残り2つは公共料金・税金から選ぶべきです。mixiを選べば6gramチャージが1.5%還元になります。公共料金・税金は下のリストから選ぶことができ、電気、ガス、水道、NHK、新聞、ヤフー公金が対象になっています。Kyashポイント還元対象外の項目を選択するとKyashの弱点をカバーできます

 f:id:payka:20201115131752p:plain

f:id:payka:20201115131923p:plain

 

🌸 実際の支払い方法はコレだ!

クレジットカード、電子マネー、QRコード決済の設定をまとめると以下のようになります。公共料金・税金だけは直接JQカード決済になります(公共料金・税金はKyashポイント還元対象外のため)。そして、2020年11月にKyashが3Dセキュアに対応しましたので、d払いに紐づけると最高還元率が実現できそうです。なお、Kyashの1%還元は月間利用額12万円が上限なので覚えておきましょう。この設定で年間100万円利用すれば1万ポイント付与なので、還元率1%上乗せに相当し、全決済を還元率2.5~3.5%に引き上げることができます。

f:id:payka:20201120154826p:plain

 

🌸 年間利用額100万円に届かない時はtsumiki証券のつみたて投資を

ショッピング利用で年間100万円に届かない場合は、tsumiki証券のつみたて投資の併用がおすすめです。tsumiki証券ではエポスカードでつみたて投資ができます。毎月3,000円~50,000円、還元率は初年度0.1%~5年目以降0.5%です。つまり最大年間60万円までつみたて投資できますので、ショッピング利用額と合わせて年間利用額100万円になるように調整すればゴールド特典の1万ポイントが受け取れま。還元率1%超のカード投資は他にはないと思いますので、是非利用しましょう。

 

🌸 JQ CARDエポスとエポスカードの違い

JQ CARD エポスはJQポイントが貯まり、JQポイント↔エポスポイントと相互交換可能です。エポスカードはエポスポイントが貯まりますが、JQポイントには変換できません。これが大きな違いです。

➊ ANAマイル交換に強い!

エポスゴールドの場合、1,000 エポスポイント→600 ANAマイルに交換できます(交換レート60%)。JQポイントの場合、1,000 JQポイント→200 永久不滅ポイント(JQ CARD セゾンが必要)→750 ANAマイル(みずほマイレージクラブカード/ANAが必要)に交換できます(交換レート70%)。余分に2枚のクレジットカードが必要になりますが、JQ CARD エポスゴールドの方がレート10%増(70%)でANAマイルに交換できます。JQ CARD エポスゴールドの還元率は2.5%にできると上述しましたが、ANAマイルに換算すると1.75%の高還元率になります。

➋ ポイ活に強い!

下図はポイ活の交換をまとめたものですが、JQポイントはGポイントやPontaポイントに等価交換できますので、結果的にポイ活で必要なあらゆるポイントに交換できます。

f:id:payka:20201023164257p:plain

 

🌸 今からやることはゴールドを目指すこと!

ここまでの話はJQ CARD エポスゴールドを使った決済です。つまり、JQ CARD エポスをゴールド化しなくてはなりません。JQ CARD エポスゴールドはインビテーションでしか発行できないのです。目安は年間利用額50万円とされており、ゴールドへのインビテーションが届くと年会費無料でゴールドカードが持てます。ゴールドカードが年会費無料は非常においしいです。JQカードでなくエポスカードであれば年会費5,000円(年間利用額50万円で翌年無料)でゴールドカードをつくれますが、インビテーションから申込の場合は無条件で年会費無料です。できればインビテーションを狙った方が良いでしょう。私は今まさにJQ CARD エポスのゴールド化に向け修行中なので、インビテーションが届いたら感想を追記したいと思います。

 

🌸 2020年11月30まで入会キャンペーン中ですf:id:payka:20201115170151p:plain

2020年11月のお支払いとキャンペーン

11月の支払い方法 をまとめました。11月25日(水)でLINE Pay第二弾のマイナポイントキャンペーンが締切です。まだ決済事業者を選んでない方は👇も参考にしてください。 

 

ー目次ー

 

🌸 LINE系決済が最強

🌻 Visa LINE Payクレジットカード:3%

マイランクに関係なく誰でも3%還元です。今月は予定納税第2期の納付期間です。Visa LINE Payカードで税金を支払う場合、還元対象額は上限5万円 (1,500ポイント)です。納付額によってはリクルートカード (還元率1.2%)がおすすめです。

 

🌻 LINE Pay (チャージ&ペイ):1~3%(クーポンの活用も忘れずに)

LINE Pay (チャージ&ペイ)はマイランクに応じて還元率が変わりますレギュラー:1%、シルバー:1.5%、ゴールド:2%、プラチナ:3%です。LINE Pay (チャージ&ペイ)で税金を支払う場合は決済手数料もなく還元に上限もありませんが、予定納税等の国税は対象外です。またGoToEat食事券やGoToイベントチケットなどの購入時、Famiポートおよびローソンチケット(店頭支払い)であればQRコード決済が可能です。

f:id:payka:20200729130640p:plain

👇 税金の支払いについて 

 👇 LINE系決済について 

  

Visa LINE Payクレジットカードを軸にして、以下の設定も可能です。

🌻 PayPay:3.5%(ソフトバンク・ワイモバイルに限る)

① 電話・通信料金の支払いをVisa LINE Payクレジットカードに設定 (3%)

②「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」でPayPayにチャージ

③ PayPay残高で支払う (0.5%)

👇 さらに前月の利用状況で0~1%が加わります (PayPayステップ)

f:id:payka:20200620191420j:plain

 

🌻 d払い:3.5%

【ドコモの方】

① ドコモ料金の支払いをVisa LINE Payクレジットカードに設定 (3%) [注1]

② d払いを電話料金合算払いにする (0.5%)

d払いのキャンペーンでは、dカード、d払い残高、電話料金合算払いが条件になりますが、この設定はキャンペーンの適応も満たしているため、キャンペーン時でもVisa LINE Payカード3%還元の恩恵を受け続けることができます。ドコモ回線の大きなメリットです。

[注1] ドコモ新料金プラン (定期契約なし)の方は、dカードお支払い割 税込187円引の適応外になりますが、多くの場合はこの適応を放棄したほうがお得です

👇 さらに前月の利用状況で還元率が増加しますが、このスーパー還元プログラムによる還元は月あたりの決済額15,000円までです。

f:id:payka:20200620191809j:plain

 

【ドコモ以外の方】

① d払いにVisa LINE Payクレジットカードを紐づける (3%) [注2]

② 支払う (0.5%)

[注2] d払いのキャンペーン適応外の設定なので、キャンペーン時はdカード紐づけまたはd払い残高に変更が必要です

 

🌻 Suica:3%

Visa LINE Payクレジットカードからmixi系プリペイドカードの6gramにチャージし (3%)、6gramからApple Pay経由でSuicaにチャージする方法です。Suicaを利用できるところは非常に多いので、利便性抜群です。そして、端数までキッチリ3%還元になることも大きなメリットです。Google Payの場合、Visa LINE Payカードから直接チャージしても3%還元になるようです。

👇 Visa LINE Payカードを使った爆益ツール

 

🌸 楽天ペイはポイント利用に最適

楽天ペイは2020年6月まで還元率ゼロでしたが、キャッシュレス還元事業の終了に伴い、7月からポイント還元が復活しました。 

  • 最も還元率が高い方法は、① 楽天カードで楽天ペイ (楽天キャッシュ残高)にチャージ (0.5%)、② 楽天キャッシュ払い (1%)で、計1.5%です
  • 楽天カード紐づけの支払いは、カード還元 (1%)のみです
  • ポイント払いは1%還元です

f:id:payka:20200620210925j:plain

還元率ではLINE系決済に及びませんが、ポイント払いでも1%還元は貴重です。楽天ポイント (期間限定)を消費するツールとして活用していきたいですね。

👇 コチラも参考に 

 

🌸 Visa LINE Payクレジットカードがない場合はKyash

Kyashにメインカードを紐づけて支払う方法が最適かと思います。Kyashの還元率が1%、紐づけるクレジットカードが1%なら、併せて2%還元になります。

但し、最近、Kyashのオンライン決済での不正利用が度々見受けられます。用時以外は、オンライン決済をオフにしておくことを強くオススメしますカードロックをするとすべての決済が利用不可になります。アプリから簡単に設定できます。

f:id:payka:20200620230336j:plain

 

🌸 キャンペーン

● d払い「お買い物ラリー」(11/2~11/30)

スーパーやドラッグストアを対象に1加盟店の利用で+10%還元、2加盟店以上の利用で+30%還元 (約6,700円の利用で上限)です。d払いの利用がはじめての方は、1加盟店の利用で+30%、2加盟店以上の利用で+50% (4,000円の利用で上限)です。付与上限は2,000ポイントです。 エントリーが必要です。

 

● 超PayPay祭! (10/17~11/15)

多くの加盟店でキャンペーン同時開催中です。下表を参考にしてください。支払いは、PayPay残高、ヤフーカード、PayPayあと払い(一括)が対象です。Visa LINE Payカードは対象外です。

f:id:payka:20201028233536p:plain

 

● au PAY&飲食店 (10/26~11/30)

対象の飲食店でau PAY決済をすると10%還元 (税込200円ごとに20ポイント)です。1au IDあたり500ポイント/回 (約5,000円)、1,500ポイント/期間 (約15,000円)が上限です。GoToEatオンライン決済との併用でお得です!

 

● au PAY & ローソン 

ローソンでau PAY (コード決済・au PAYカード・au PAYプリペイドカード)を利用すると、税込200円につき8ポイント (4%)還元です。三太郎の日 (3・13・23日)は、au回線なら税込200円につき20ポイント (10%)還元、au回線でない場合は税込200円につき14ポイント (7%)還元です。

f:id:payka:20200729223119p:plain

     

では、みなさんの爆益を願って...

おしまい💖  

ポイ活

私のポイ活戦略をご紹介します!旅行はあまりしないのでマイルは貯めていません。Tポイント、dポイント、Pontaポイント、楽天ポイントを基本にポイ活をしたい方向きの内容です。貯めるべきポイントやおすすめのポイントサイトもご紹介します!

私のポイ活戦略は👇のフローチャートに盛り込まれています。これを元に詳しく解説します。f:id:payka:20201023164257p:plain

 

🌷 貯めるべきは【Tポイント】です

T ポイント、dポイント、Pontaポイント、楽天ポイントのうち、Tポイントは他3つのポイントに変換することが可能です。また、毎月20日のウエル活 (ウエルシア薬局お客様感謝デー)では大量のTポイントが必要になる反面、Tポイントは非常に貯めにくいポイントでもあります。よって、この4つのうち優先して貯めるべきはTポイントです。例えばファミリーマートでは、Tポイント、dポイント、楽天ポイントのうち好きなポイントを貯めることができます。吉野家ではTポイントと楽天ポイントのどちらかを選びます。このような場合にはTポイントを選ぶべきです。

 

🌷 ポイント交換の攻略には4つのツールが必要です

Tポイントをdポイント、Pontaポイント、楽天ポイントに変換するためには、クレジットカードやポイントサイトへの登録が必要です。フローチャートの黒枠の4つを準備すればポイント交換が可能になります。ピンクの矢印は手数料無料で等価交換が可能なルートです。灰色の矢印は手数料が必要だったり等価交換ができないルートです。

f:id:payka:20201023110258p:plain

登録先のリンクはこちらです。

これでTポイントからdポイント、Pontaポイント、楽天ポイントに交換するルートが完成です。

 

🌷 ポイントサイトは「ちょびリッチ」と「ECナビ」がメインです

「ちょびリッチ」の良い点は楽天市場との相性です。楽天市場のお買い物に対して還元率1%なのは多くのポイントサイト共通なのですが、6か月間で12回以上利用するとプラチナランクになりポイントが+15%増量されます。つまり楽天市場でのお買い物に対して<実質1.15%>の還元率になります。この6か月間で12回以上という基準はハッキリ言って楽勝だと思います。ちょびリッチポイントは出口も豊富で、楽天銀行や住信SBIネット銀行に手数料無料で現金化できますし、Tポイントに等価交換もできます。

👇登録はこちら

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

「ECナビ」の良い点はTポイントを貯めやすい点とポイントが貯まりやすい好案件がたくさんある点です。ECナビポイントの交換はすべてPeXポイントを介して行います。例えばTポイントへ交換するためには、ECナビポイントをPeXポイントに変え、PeXポイントからTポイントに交換します。PeX→Tへの変換には手数料500PeXポイント(50円相当)がかかりますが、無料になるキャンペーンがあります。PeX→ dポイントは手数料無料で等価交換可能です。等価現金化には手数料500PeXポイント(50円相当)が必要です。

👇登録はこちら

毎日楽しくお得にポイント貯めるなら、ECナビ!いますぐ無料登録!

私は上記2つをメインに使っていますが、他のポイントサイトでお得なキャンペーンをやっている時はもちろん適宜利用しています。興味があれば登録してみてください!

「ワラウ」Tポイント、dポイント、Pontaポイントに等価交換可能です。楽天銀行、住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行に手数料無料で等価現金化もできます。わかりやすいくて使いやすいので初心者でもすんなり入っていけると思います。

👇登録はこちら

ポイ活ならワラウ

 

「ハピタス」はAmazonギフト券に等価以上で交換できます。PeXポイントに等価交換も可能です。

👇登録はこちら

 

「モッピー」はPeXに等価交換可能です。

👇登録はこちら

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

「colleee」はPeXに等価交換可能です。

👇登録はこちら

いつものお買い物もっとお得に!colleee→さっそくお得になる

 

🌷 PeXポイントを無料でTポイントに交換できます

1) 月1回だけ交換手数料を無料にできるキャンペーンがあります。交換先はTポイントに限らず、最も高額だった交換手数料1回分がECナビポイントとして還元されます。エントリーが必要です。

ECナビ - PeX交換手数料1回無料キャンペーン 

f:id:payka:20201101104402p:plain

 

2) 毎月エントリーとECナビのサービス2件以上を利用し、PeXポイント→Tポイント交換をすると、ECナビポイント500ポイント(手数料相当)とTポイントに交換したPeXポイントの4%分のECナビポイントがもらえます。+4%付与の対象になる上限は200,000PeXポイント(2万円相当)までです。つまり、「毎月2万円相当のPeXポイントをTポイントに交換すると、交換手数料+800円相当のECナビポイントがもらえる」ということです。

ECナビ - ウェル活応援!Tポイント交換特典

f:id:payka:20201023160721p:plain

 

3) 上記2)を利用した無限ポイント増殖が可能です。もう一度、下のフローチャートを見ていただき、青い太枠矢印に注目してください。PeX→Tポイント→JQポイント→Gポイント→Vポイント→PeX...というループが見えますか?例えば今月200,000PeX→20,000Tポイントに交換し、8,000ECナビポイント(800円相当)をもらったとします。この20,000Tポイントを上記のループに放り込むと、200,000PeXポイントに戻すことが可能なのです!つまり、200,000PeXポイントを元手にして毎月上記のループを回せば、8,000ECナビポイント(800円相当)が無限に増えていくことになるのです!!

f:id:payka:20201023094823p:plain

以上が私のポイ活戦略です!結論としては「Tポイントを意識し、ECナビとちょびリッチのポイントを優先的に貯め、他のポイントサイトは好案件を回収する」ということになります!

おわり~💖

【攻略】GoToイート!!

2020年10月~GoToイートキャンペーンがスタートします! 

 

🍴 GoToイートの基本事項

GoToイートキャンペーンは「食事券」と「オンライン飲食予約」の2本立てです。

GoToイートはGoToトラベルと併用可能です。具体的には、GoToトラベルの地域共通クーポンとGoToイートを併用して、旅行先でお得に食事ができます。

GoToイートの「食事券」と「オンライン飲食予約」は併用可能です。オンラインで席だけ予約し、店舗で食事券で支払いをすることができます (オンライン予約と食事券の両方に対応した店舗であることが条件です)。

飲食店のデリバリーやテイクアウトは対象 (GoToイート食事券の場合)ですが、飲食スペースのないデリバリーやテイクアウト専門店は対象外です。

☆ 食事券
  • 販売期間:2020年10月中~2021年1月末
  • 利用期間:2020年10月中~2021年3月末
  • 都道府県単位が基本 (基本的に住居地以外の食事券も購入可能です)
  • 25%プレミアム付食事券(すなわち20%OFF相当)
  • 自治体によって購入場所が異なるが、例えばファミリーマートのFamiポート等
  • 購入上限:1回あたり販売価格2万円(2万5千円分の食事券)回数制限なし
  • 500円券と1000円券を基本とするが、自治体に委ねられている
  • 釣銭は出ない
  • 電子式の食事券も検討されている (釣銭の問題がない)
  • GoToトラベルの地域共通クーポンと併用可能
  • GoToイート「オンライン飲食予約」との併用可能

f:id:payka:20201003174122j:plain

f:id:payka:20201001002822j:plain

 

☆ オンライン飲食予約
  • ポイント付与期間:2020年10月~2021年1月末
  • ポイント有効予約期間:2020年10月~2021年3月末
  • ポイント利用期間:2020年10月~各予約サイトにより異なる
  • 全国
  • オンライン飲食予約サイト経由の予約・来店でポイント付与 (※ OZmallでは席のみの予約は対象外との記載あり)
  • 飲食代に関わらず10/7~付与予定ポイント以上の飲食をした場合(※)、昼食 (15時まで)は500P、夕食 (15時以降)は1,000P
  • 付与上限:1回あたり10名分 (昼食 5,000P/夕食 10,000P)
  • GoToトラベルの地域共通クーポンと併用可能
  • GoToイート「食事券」との併用可能

※ GoToEatポイントや各種割引クーポンなどを利用する前の価格が基準です。つまり、ポイントやクーポンを利用した部分も飲食代としてカウントされます。

※ 付与予定ポイントとは予約人数単位で計算します。例えば、ディナー3名に予約の場合、1,000P×3名=3,000円以上の飲食が必要です。3,000円未満になった場合は<0ポイント>です。

f:id:payka:20201003174153j:plain

f:id:payka:20201001003912j:plain

 

🍴 食事券のお得な買い方

多くの自治体でGoToイート食事券はファミリーマートのFamiポートで発券できる仕様になるようです。Famiポートのチケット代金はコード決済で支払うことが可能ですので、マイナポイント特典やキャンペーンとの併用でお得に購入できます。

☆ LINE Payマイナポイント特典で買う (~11/25)

LINE Payのマイナポイント特典(第二弾)は10%OFFクーポン(上限2,500円)が2枚です。GoToイート食事券は一度に2万円(食事券2.5万円分)まで買えますので、これを2セット買います。すると、マイナポイント事業5,000ポイント付与+2セット合計4,000円割引で、食事券5万円分が実質3.1万円(38%割引相当)で購入することができます。

 

🍴 飲食予約サイトの比較

ポイント付与のタイミングや期限、ランチ・ディナータイムの時間帯等、サイトによって扱いが異なりますので、ご参照ください。

☆ ポイントの取り扱い

来店から7~10日後に付与されるサイトが多いです。ポイント期限はサイトにより様々ですが、最短でも約2か月間は大丈夫そうです。

f:id:payka:20201028112504p:plain

※ ホットペッパーグルメは10月のみ変則的で「来店10/1~10/15 → 10/29ポイント付与、来店10/16~10/23 → 11/9ポイント付与」になります。

☆ ランチタイム・ディナータイム

オンライン予約した来店時間が基準です。入店した時間でも、注文した時間でも、会計した時間でもありません。

夕方15時の切り替わりは共通ですが、朝の切り替わり時間はサイトによって異なります。Yahoo!ロコのみ午前10時ですので、朝食もディナータイムとして楽しめそうです。

f:id:payka:20201004233405j:plain

☆ 経由すべきオススメのポイントサイト (私の偏見込) ※10/27時点

GoToイートオンライン予約の裏で、ポイントサイトが熱い戦いを繰り広げています。ポイントサイトとオンライン予約をセットにすれば、ポイント黒字も容易に可能です。全体的にECナビが強い印象です。初めての方も、ポイントサイト→予約サイトとリンクを踏むだけなので是非チャレンジして欲しいです!下の紹介リンクから登録してね!

f:id:payka:20201028112611p:plain

 

👇 私がご紹介できるポイントサイト

 

🍴 GoToイートのオンライン予約と食事券が併用可能な飲食店

f:id:payka:20201031011413p:plain

 

🍴 GoToイート(オンライン飲食予約)を利用した無限ループ

この方法は2020年10月8日以降、政府主導で対策が講じられ塞がれました。

ランチなら500ポイント、ディナー(15時以降)なら1,000ポイントが飲食代に関係なく付与されますので、タダもしくは黒字で食べることが可能です!

① ディナータイムに1,000円未満の飲食をする → ② 1,000ポイントをもらう → ③ ポイントを利用してディナータイムに1,000円未満の飲食をする → ④ 1,000ポイントをもらう → ③ → ④ →...を繰り返せば、初期費用1,000円未満で連鎖的に飲食可能です。

そのための予約サイトの必須要件は、1. ポイント付与が早いこと、2. 付与上限や期限が緩いことです(上の表を参照ください)。ホットペッパーグルメが第一候補になりそうです。なお、ホットペッパーグルメは10月のみ変則的で「来店10/1~10/15 → 10/29ポイント付与、来店10/16~10/23 → 11/9ポイント付与」になります。

 

🍴 予約サイト独自のキャンペーンなど

☆ 一休.com:10%還元即利用で実質10%値引き

10/1(木)10時~10/31(土)に予約をすると、支払い金額の10%のポイント還元です。このポイントは即時利用できるため、その場で消費して10%割引になります。対象はコース料理です。席のみ、テイクアウト、デリバリーは対象外です。

 

☆ ホットペッパーグルメ:ランチコース1,000円以上で200P, ディナーコース3,000円以上で450P

10/22(木)~11/30(月)にランチ1,000円以上のコースで200ポイント、ディナー3,000円以上のコースで450Pが付与されます。エントリーが必要です。 

 

 

☆ ぐるなびプレミアム会員:対象店舗のコース料理10%還元

月額300円 (税抜)の有料サービスですが、登録後90日間無料キャンペーン中です。対象店舗のコース代金の10%ポイント還元があります。行きたいお店があれば選択肢に入るかと思います。楽天ポイントサービスの優遇もあり、来店人数×200P(通常100P)が貯まります。

 

☆ Yahoo!ロコ:初回限定コース料理20%還元

10/1(木)~11/30(月)にエントリー、コース料理予約、初回来店すると、お会計額の20%相当のPayPayボーナスライトがもらえます。席だけ予約した場合は1,000円相当のPayPayボーナスライトです。Yahoo! IDとPaypayの連携が必須です。

 

引き続き、適宜追記しています💕

2020年10月のお支払いとキャンペーン

10月の支払い方法 (主に街での支払い)を考えます。 マイナポイント事業も引き続き注視ですね!!まだ決済事業者を選んでない方は👇も参考にしてください。 

f:id:payka:20200823225920j:plain

 

ー目次ー

 

🌸 LINE系決済が最強

🌻 Visa LINE Payクレジットカード:3%

マイランクに関係なく誰でも3%還元です。税金を支払う場合、還元対象額は上限5万円 (1,500ポイント)です。決済手数料がかかる点も忘れてはなりません。

 

🌻 LINE Pay (チャージ&ペイ):1~3%(クーポンの活用も忘れずに)

LINE Pay (チャージ&ペイ)はマイランクに応じて還元率が変わりますレギュラー:1%、シルバー:1.5%、ゴールド:2%、プラチナ:3%です。LINE Pay (チャージ&ペイ)で税金を支払う場合、決済手数料もなく、還元に上限もありません。

f:id:payka:20200729130640p:plain

👇 税金の支払いについて 

 👇 LINE系決済について 

  

Visa LINE Payクレジットカードを軸にして、以下の設定も可能です。

🌻 PayPay:3.5%(ソフトバンク・ワイモバイルに限る)

① 電話・通信料金の支払いをVisa LINE Payクレジットカードに設定 (3%)

②「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」でPayPayにチャージ

③ PayPay残高で支払う (0.5%)

👇 さらに前月の利用状況で0~1%が加わります (PayPayステップ)

f:id:payka:20200620191420j:plain

 

🌻 d払い:3.5%

【ドコモの方】

① ドコモ料金の支払いをVisa LINE Payクレジットカードに設定 (3%) [注1]

② d払いを電話料金合算払いにする (0.5%)

この方法は非常のお得です。d払いのキャンペーンでは、dカード紐づけ、電話料金合算、ドコモ口座払いが条件になりますが、この設定はキャンペーンの適応も満たしているため、キャンペーン時でもVisa LINE Payカード3%還元の恩恵を受け続けることができます。ドコモ回線の大きなメリットです。

[注1] ドコモ新料金プラン (定期契約なし)の方は、dカードお支払い割 税込187円引の適応外になりますが、多くの場合はこの適応を放棄したほうがお得です

👇 さらに前月の利用状況で還元率が増加しますが、このスーパー還元プログラムによる還元は月あたりの決済額15,000円までです。

f:id:payka:20200620191809j:plain

 

【ドコモ以外の方】

① d払いにVisa LINE Payクレジットカードを紐づける (3%) [注2]

② 支払う (0.5%)

[注2] d払いのキャンペーン適応外の設定なので、キャンペーン時はdカード紐づけまたはドコモ口座払いに変更が必要です

 

🌻 Suica:3%

Visa LINE Payクレジットカードからmixi系プリペイドカードの6gramにチャージし (3%)、6gramからApple Pay経由でSuicaにチャージする方法です。Suicaを利用できるところは非常に多いので、利便性抜群です。そして、端数までキッチリ3%還元になることも大きなメリットです。Google Payの場合、Visa LINE Payカードから直接チャージしても3%還元になるようです。

👇 Visa LINE Payカードを使った爆益ツール

 

🌸 楽天ペイはポイント利用に最適

楽天ペイは2020年6月まで還元率ゼロでしたが、キャッシュレス還元事業の終了に伴い、7月からポイント還元が復活しました。 

  • 最も還元率が高い方法は、① 楽天カードで楽天ペイ (楽天キャッシュ残高)にチャージ (0.5%)、② 楽天キャッシュ払い (1%)で、計1.5%です
  • 楽天カード紐づけの支払いは、カード還元 (1%)のみです
  • ポイント払いは1%還元です

f:id:payka:20200620210925j:plain

還元率ではLINE系決済に及びませんが、ポイント払いでも1%還元は貴重です。楽天ポイント (期間限定)を消費するツールとして活用していきたいですね。

👇 コチラも参考に 

 

🌸 Visa LINE Payクレジットカードがない場合はKyash

Kyashにメインカードを紐づけて支払う方法が最適かと思います。Kyashの還元率が1%、紐づけるクレジットカードが1%なら、併せて2%還元になります。

但し、最近、Kyashのオンライン決済での不正利用が度々見受けられます。用時以外は、オンライン決済をオフにしておくことを強くオススメしますカードロックをするとすべての決済が利用不可になります。アプリから簡単に設定できます。

f:id:payka:20200620230336j:plain

 

🌸 キャンペーン

● d払い「お買い物ラリー」+50%還元 (10/1~10/31)

対象の加盟店でdポイントカードを提示後にd払いを利用すると、1店舗の利用で+10%2店舗の利用で+30%還元3店舗以上の利用で+50%還元です。dポイントカードでポイントが付与されない少額の買い物は対象外です。例えば、ファミリーマートでは200円ごとに1ポイントですので、200円以上の決済が必要です。付与上限は2,000ポイント/期間ですので、3加盟店以上利用した場合は4,000円で上限です。エントリーが必要です。

 

● 超PayPay祭! (10/17~11/15)

1) オープニングジャンボ

初日10/17にオープニングジャンボが開催されます。支払いは、PayPay残高、ヤフーカード、PayPayあと払い(一括)が対象です。Visa LINE Payカード等のヤフーカード以外は対象外です。以下の加盟店キャンペーンが主目的であれば良いですが、ジャンボだけを目当てにPayPayで支払うのはやめたほうがいいと思います...

f:id:payka:20200924142428p:plain

f:id:payka:20200924140707j:plain

2) 対象加盟店キャンペーン

PayPayピックアップ、Coke ON、マクドナルド、松屋、サイクルベースあさひ、日高屋、サーティワン、道とん堀、パリミキ・メガネの三城、築地銀だこ、PARCOで還元キャンペーンが開催されます。支払いは、PayPay残高、ヤフーカード、PayPayあと払い(一括)が対象です。Visa LINE Payカード等のヤフーカード以外は対象外です。

f:id:payka:20200924141458j:plain

 

● VISAタッチ決済&すき家 50%還元 (10/1~10/31)

税込500円以上のお会計をVISAタッチ決済で行うと、50%還元です。VISAタッチ機能付のクレジットカードであれば広く対応しているようです。Visa LINE Payクレジットカード、Kyashも対象ですが、ウェアラブル型プリペイドカードは対象外との記載があります。還元上限額は2,000円 (1,000円還元)です。

すき家にはSukipassという割引定期券があります。販売価格200円で、1か月間何杯でも1杯70円引になる割引定期券です。3杯以上で元が取れるので、このキャンペーンと併用するとさらにお得です。キャンペーン参加前に、LINEポイントクラブクーポン(100円引)を利用してSukipassだけ買いにいくと半額の100円で購入でき、LINEクーポンも無駄なく消費できます。

 

● FamiPay20%還元 (10/6~11/2)

FamiPayに銀行口座もしくはファミマTカードを登録し(キャンペーン終了時点で登録されていること!)、FamiPay加盟店でFamiPay決済すると20%FamiPayボーナス還元です。付与上限は2,000FamiPayボーナスですので、お買い物1万円で上限です。FamiPay加盟店は10/1以降にファミペイで確認できます!

 

● メルペイ&Coke ON 毎週100円×4週還元 (10/5(月)~11/1(日))

毎週100円以上のコカ・コーラ社製品を購入すると100円相当還元です。合計4週間で400円相当が還元されます。Coke ONアプリにメルペイを登録することが条件です。

 

● au PAY & ローソン 

ローソンでau PAY (コード決済・au PAYカード・au PAYプリペイドカード)を利用すると、税込200円につき8ポイント (4%)還元です。三太郎の日 (3・13・23日)は、au回線なら税込200円につき20ポイント (10%)還元、au回線でない場合は税込200円につき14ポイント (7%)還元です。

f:id:payka:20200729223119p:plain

     

では、みなさんの爆益を願って...

おしまい💖  

【やり方解説!】BITMAX1周年記念キャンペーンで約2万9千円をもらう

LINEの暗号資産(仮想通貨)サービスのBITMAXで、「1周年記念キャンペーン」を開催しています。毎週1回、6週連続で暗号資産を売買するだけで約28,800円のお小遣いがもらえます。挑戦してみましょう!!

【目次】

 

1.キャンペーン概要

毎週1回かつ連続6週、10万円分以上の暗号資産を購入すると、5,000円相当のLINK (LINEの暗号資産)が計11回もらえます。』具体的には約28,800円のお小遣いが稼げます。(ここではビットコイン入庫のキャンペーンは省きます)

 

【開催期間】

1週目…2020/9/7(月)12時00分〜2020/9/14(月)12時00分

2週目…2020/9/14(月)12時00分〜2020/9/21(月)12時00分

3週目…2020/9/21(月)12時00分〜2020/9/28(月)12時00分

4週目…2020/9/28(月)12時00分〜2020/10/5(月)12時00分

5週目…2020/10/5(月)12時00分〜2020/10/12(月)12時00分

6週目…2020/10/12(月)12時00分〜2020/10/19(月)12時00分

 

f:id:payka:20200911155919j:plain

f:id:payka:20200911161149j:plain

f:id:payka:20200911161209j:plain

暗号資産の売買にはスプレッドという手数料のようなものが上乗せされます。スプレッドとは買値と売値の差のことで、例えば、スプレッド10%の場合、1万円分の暗号資産を買ってすぐ売ると1,000円の損失になります。

BITMAXの場合、ビットコインのスプレッドが最も低く設定(約3%)されているため、毎週10万円以上のビットコインを購入・売却してキャンペーンに参加するのが一番お得です。

さぁやってみましょう!!

 

2.入金

最低10万円分のビットコインを購入するのに少し多めの金額が必要です。10万2千円以上を入金すれば足ります。入金方法は2通りで、LINE Payもしくは銀行振込です。LINE Payからの入金には手数料110円がかかります。銀行振込による入金は振込元銀行の手数料がかかります。振込手数料が無料の銀行口座をお持ちでしたら、銀行振込がお得です (私は楽天銀行から振込みました)。

f:id:payka:20200913071940g:plain

 

f:id:payka:20200911160246p:plain

f:id:payka:20200911160535p:plain

 

3.ビットコインを購入する

私は11万円を入金してみました。

f:id:payka:20200911160844p:plain

 

ビットコインをタッチして購入画面を開きます。ここで注意すべきことは、小さく「購入金額」と表示されている数字が10万円以上になるように、金額を入力をします。取引単位の兼ね合いで、10万円より少し多めの金額にする必要があります。

f:id:payka:20200911235915j:plain

 

4.ビットコインを売却する

売却自体はキャンペーンの必須事項ではありませんが、ここでは保有し続けることを意図していませんので、価格変動が生じる前に即売却しましょう。価格変動がゼロの場合、3%弱のスプレッド分が引かれ、手元に現金が戻ります。

f:id:payka:20200912001232j:plain

 

5.プレゼントのLINKを受け取る

5以降の操作は週後半の深夜や早朝など、取引が落ち着いた頃に行うことを推奨します!詳細は以下の通りです。

【LINK取引量制限に注意!】

キャンペーンが切り替わる月曜日正午以降、一気にLINKの売りが殺到し、取引制限およびLINKの暴落が発生しました。キャンペーン特典は受取時点の相場で5,000円相当のLINKですので、受取後に売却できず暴落してしまうと、恩恵が小さくなってしまいますLINKの受取と売却は月曜日には行わず、週の後半の取引が落ち着いた頃に行うことを推奨します。最新の売却制限などの状況はSNSで適宜情報収集をオススメします。

f:id:payka:20200914151708g:plain

f:id:payka:20200914152537g:plain

では、LINKの受取についてです。

LINEのタイムラインに受取画面が表示されます。その時点の相場で5,000円相当分のLINKが受け取れます。2週目以降は計1万円相当分のLINK (5,000円相当分のLINKが2口)を受け取れます。

f:id:payka:20200911163218j:plain

f:id:payka:20200911163531p:plain

 

6.LINKを売却する

受け取った時点で5,000円相当 (2週目以降なら1万円相当)のLINKですので、すぐに売却します。ここでもスプレッド分が引かれます。LINKのスプレッドは約15%ですので、価格変動がゼロなら約4,250円 (2週目以降なら約8,500円)が手元に残る計算になります。ビットコインと比較すると非常に大きいスプレッドですね。

f:id:payka:20200911163620j:plain

 

7.残高が増えたことを確認

ここまでが毎週やるべき1サイクルです。増えた残高はそのままにして、また来週同じ工程 (3~6)を繰り返しましょう!

価格変動がゼロと仮定すると理論的には、(5,000円分のLINK)-(10万円分のビットコイン売買のスプレッド:約3,000円弱)-(5,000円分のLINK売却のスプレッド:約750円)=約1,300円増える計算になります。 2週目以降は1万円分のLINKが付与されるので、理論的には約5,500円増えます。これを6週連続で繰り返すことで、1週目:約1,300円2~6週目:約5,500円全参加すれば約28,800円がもらえます。実際のスプレッドの変動等を考慮すると、1週目:1,150円~1.550円、2~6週目:5,300円~6,100円、全参加で27,650円~32,050円の範囲で多くの方が収まると思います。

このように、毎週瞬間的な売り買いを3回繰り返すだけの非常に簡単な爆益案件ですが、同時にスプレッドの恐ろしさも体感できますね。キャンペーンが終わったら手を出さない方が無難かもしれませんね。

 

8.出金する

6週すべてのキャンペーンに参加した後は、BITMAXの残高を出金しなくてはなりません。LINE Payか銀行口座に出金できます。LINE Payへの出金は110円、銀行口座への出金は400円の手数料です。手数料をできる限り安く現金化したいなら、BITMAX→LINE Pay残高 (手数料110円)、LINE Pay残高→銀行口座 (手数料176円)と2段階の操作で、手数料286円にできます。その差は114円なのでこだわる方は...という感じです。私はこだわります!笑

f:id:payka:20200913071924j:plain 

おしまい💕