【2021年10月まで】TOYOTA Wallet 1.5%還元ラストスパート!狙いはWAON, nanaco, B/43チャージ!!

2021年10月でTOYOTA Wallet 1.5%還元が終了します!11月~最大2.0%還元を実施するようですが、厳しい条件付きになると予想します。つまり、今の1.5%還元を使い倒すのが正解でしょう。

そして今月は3大ニュースがありました。1. WAONがApple Payに対応、2. nanacoがApple Payに対応、3. B/43プリペイドカードがクレジットカードチャージに対応の3つです。そして定番のEdyも健在です。これらは全てTOYOTA Walletでチャージが可能です。(還元対象外の可能性を秘めていますが、個人的には大丈夫だと思います。不安ならやめてくださいね。)

フローチャートにすると以下のようになります。

 

f:id:payka:20211022163925p:plain

 

どれにチャージするべきなのか?参考にしてください。

WAON (Apple Pay)のメリット

WAONへのチャージは、イオンカードセレクトでイオン銀行口座からのオートチャージ(0.5%)が最もお得なルートでした。これがTOYOTA Walletでチャージができれば還元率3%超も楽勝です。電子マネーWAON支払いであれば、イオンのお客様感謝デー (20日、30日5%OFF)や株主優待特典 (3%キャッシュバック)も併用できるので、かなりの高還元率を実現できます。イオン系列を使う方はチャージ必須です!

 

nanaco (Apple Pay)のメリット

nanacoへのチャージは、セブンカード (0.5%)の専売特許でしたが、TOYOTA Walletでチャージができれば同じく還元率3%超は楽勝です。nanacoはセブンイレブンでの請求書払いやPOSAカード購入に使えます。特に納税関係で重宝しそうです。なお、11月~大型キャンペーンをやるそうです!!

 

Edyのメリット

TOYOTA Wallet→ EdyチャージはAndroid端末限定です。TOYOTA Walletの規約にはチャージ不可と記載がありますが、未だに開通しています。Android端末の方は上記のWAONもnanacoも使えないので、Edyで支払うだけでも価値があります。さらにEdyでAmazonギフトチャージをすると最大2.0%のボーナスポイントが付与されます。これはAmazonでの最高還元率の支払い方法だと思います。

 

B/43のメリット

高額決済 (100万円/回)が可能なVISAプリペイドカードなので、6gramの代用として使えます。注意すべき点はリアルカードにICチップが無い点と3Dセキュア非対応な点です。TOYOTA Walletの決済上限5万円/回縛りを解放できることが最大のメリットで、税金のオンライン支払いで活躍しそうです。

B/43を発行&1,000円チャージで300円もらえる!

以下のリンクから登録して1,000円以上をチャージするだけです。紹介コードの入力を省ける仕様になっていますが、もし求められた場合は【0PNVZ9】を入力してください。

※ 今から発行すると10月に間に合うかギリギリです…発行すること自体は今後のためにアリかと思います。

B/43がクレジットカード入金対応で還元率3%超の高額決済が可能に!

2021年10月20日~B/43というプリペイドカードがクレジットカード入金に対応しました。これにより還元率3.0%超の高額決済が可能になりました。

 

 

B/43ってなに?

・チャージして使うVISAプリペイドカード

・リアルカード[ICチップ無]あり (発行手数料無料)

・チャージ手数料無料

・クレジットカード入金は10万円/日、30万円/月が上限

・決済は100万円/回が上限

 

B/43を使った高還元決済のやり方

方法は簡単で、① クレジットカード→ ② TOYOTA Wallet→ ③ B/43の順にチャージするだけです。Kyash Cardをお持ちなら、①を紐づけてKyash→ TOYOTA Walletでさらにお得です。フローチャートにするとこうなります。①がTカード Prime (日曜日1.5%)なら計3.2%還元、楽天カード (街で2倍)なら計3.7%になります。

f:id:payka:20211020160943p:plain



B/43を使うメリット

B/43自体には還元がありませんので、TOYOTA Walletで直接決済しても同じです。しかし、TOYOTA Walletでは1回5万円までのオンラインクレカ決済しかできないのに対し、B/43はリアルカードがあること(ICチップは無い)、決済上限が100万円であることが大きなメリットになります。例えば、納税や高額商品の決済で利用できるということです。

 

【注意】TOYOTA Walletに改悪(?)情報あり

2021年11月~TOYOTA Walletは還元率1.5%を終了し、条件付の還元率2.0%キャンペーンを開始する予定です。このルートは10月末で封鎖される可能性があります。

 

B/43を発行&1,000円チャージで300円もらえる!

以下のリンクから登録して1,000円以上をチャージするだけです。紹介コードの入力を省ける仕様になっていますが、もし求められた場合は【0PNVZ9】を入力してください。

【2021年10月改定】高還元率を攻める支払い方法

2021年9月27日(月)~TOYOTA Wallet→ 6gramチャージが封鎖されることになりました (公式情報)ので、それに即して更新しました。

 

結論としては以下の4点です。

6gramへのチャージはエポスゴールド (JQ CARD エポスゴールド)一択!

・ おすすめクレカはエポスゴールド、Tカード Prime、楽天カード!

最高還元率の決済方法は楽天Edy!

・ Amazonの最高還元率はEdyでアマギフチャージ!

 

フローチャートにするとこうなります。

f:id:payka:20211003192739p:plain

 

▼ こんな内容です ▼

 

エポスゴールドカード (JQ CARD エポスゴールド)の最高還元率を狙う方法

1. 特徴

高還元率を狙うためには欠かせないクレジットカードです。エポスゴールドの還元の仕組みは以下のようになります。選べるポイントアップショップ対象の加盟店では還元率2.8%が狙えます。それ以外の加盟店では還元率1.8%が狙えます。年間利用100万円ジャストにするのがコツなので、そんなに使わないよ~!という方はパスでOKです。

f:id:payka:20210511120309p:plain

 

では、少し詳しくみていきます。

2. 選べるポイントアップショップで還元率+1%

エポスゴールド特典の選べるポイントアップショップでは、300以上の加盟店から3加盟店を選び、その加盟店での還元率を+1%にすることができます。

f:id:payka:20210424123550p:plain

選べる加盟店は以下のリンクから確認できます。

選べるポイントアップショップの選び方は極めて重要です。1つはmixi、残り2つは公共料金・税金から選ぶと良いでしょう。mixiを選べば、6gramチャージが対象になります。6gramはクレジットカード決済、QUICPay、Suicaチャージが可能なので、使い道も豊富です。また、公共料金 (電気、ガス、水道、NHK、新聞)や税金 (ヤフー公金)で高還元が狙えるカードは希少なので活用したいところです。

f:id:payka:20210303150256p:plain

 f:id:payka:20201115131752p:plain

 

3. ボーナスポイントで+10,000ポイント

年間利用100万円で10,000ポイントのボーナスポイントがもらえます (還元率最大+1.0%)。 

f:id:payka:20210321154256p:plain

 

4. ファミリーボーナスポイント+1,000ポイント

ゴールドカードを家族に招待すると、家族合計の年間利用額が100万円以上で代表会員に1,000ポイントのファミリーボーナスポイントが付与されます (還元率最大+0.1%)。代表会員のみが100万円以上利用した場合でも付与されますので、ご家族がいる場合はとりあえずゴールド会員に招待しましょう。招待された側は年会費無料です。

f:id:payka:20210303122248p:plain

 

5. 丸井グループの株主優待で2,000ポイントを狙う

丸井グループの株主優待では、100株以上の株主に対し2,000ポイントのエポスポイントが進呈されます (権利確定月:3月)。株価は1株あたり約2,000円前後で推移していますので(2021年9月現在)、約20万円の投資で2,000ポイントが得られることになります。これを無理やり還元率アップと考えれば+0.2%(100万円利用時)ということになります。最新の株価は下記のリンクをご確認ください。

 

6. tsumiki証券のつみたて投資はお得

tsumiki証券ではエポスカード決済でつみたて投資ができます。毎月3,000円~50,000円 (年間最大60万円)、還元率は初年度0.1%~5年目以降0.5%です。ショッピング利用額と合わせて年間利用額100万円以上になれば、ゴールド特典の10,000ポイントとファミリーボーナスポイント1,000ポイントが付与されます。よって年間利用額がちょうど100万円であった場合、還元率は1.2~1.6%となり、クレジットカード決済の投資商品としてはかなりの高還元率です。欠点は選べる投信商品の少なさと信託報酬率の高さです。個人的には、年間利用100万円の帳尻合わせに利用するのが良いと考えています。

 

7. ポイ活的にはJQ CARD エポスゴールドがオススメ

エポスゴールドカードとJQ CARD エポスゴールドは両方ともエポスカードですが、後者はJR九州が提携会社のカードで、貯まるポイントが異なります。JQ CARD エポスゴールドではJRキューポが貯まり、このJRキューポが非常に利便性の高いポイントなのでオススメです。エポスポイントとの相互交換ができるだけでなく、Tポイント、Pontaポイント、永久不滅ポイント等に等価交換が可能です。JRキューポの素晴らしさについては別記事を参照ください! 

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポスの利用実績に基づくインビテーションを受けると所有できます (入会半年以上かつ年間利用50万円が目安)。年会費永年無料です。最初にJQ CARD エポスを作っても良いのですが、ポイントサイト案件がないので、オススメの手順は「ポイントサイトでエポスカードを発行→ 修行→ ゴールド招待→ JQ CARD エポスに切り替え→ ゴールド招待利用でJQ CARDエポスゴールド」という流れです。ゴールドカードにする前に切り替えるのがポイントです。ゴールドカードの切り替えも可能ですが、九州地区のアミュプラザ内にあるJQ CARDエポスカウンターに出向かなくてはならないのです。

 

Tカード Primeは超簡単に高還元率が狙える

基本還元率は1.0%ですが、日曜日利用分だけ1.5%還元になります。ルールはこれだけです。エポスカードのように複雑な修行も設定も不要です。Tポイントが貯まるので、ウエル活 (毎月20日、ウエルシアお客様感謝デーでTポイントが1.5倍の価値で利用可能)をする方は必携です。冒頭のフローチャート通り、日曜日に (お持ちならKyash Cardに紐づけて)TOYOTA Walletにチャージをするだけでお得です。

 

実は凄い!楽天カード

楽天カードの基本還元率は1%ですが、楽天市場で税込2万円以上の買い物をした月は、街での楽天カード利用が還元率2%になるキャンペーンを毎月開催しています。特典ポイントの付与上限は月間1,000ポイントなので、月間10万円までの利用が還元率2%になります。実はKyash Cardに紐づけた決済も対象なので、冒頭のフローチャートのスタートにも利用できます。毎月エントリーが必要です。 

 

楽天Edyが最高還元率!AmazonはEdy→アマギフチャージが最高還元率!

楽天Edyで最高還元率を狙えますが、TOYOTA Wallet→ Edyはできないことになっているので裏ルートになります。突然塞がれるリスクを覚悟の上でお願いします。スタートのクレジットカードがエポスゴールド (最大1.8%還元)なら最大4%還元、Tカード Primeなら最大3.7%還元、楽天カード (街で2倍)なら最大4.2%還元なります。

さらに凄いことに、楽天Edyでアマギフチャージをすると、ポイントアップの対象で最大2.0%のAmazonポイントが還元されます。つまり、スタートがエポスゴールドなら最大6%還元、Tカード Primeなら最大5.7%還元が、楽天カード (街で2倍)なら最大6.2%還元が狙えるのです。

複雑になってきたので、もう一度フローチャートを眺めてみてください。

f:id:payka:20211003192739p:plain

TOYOTA Wallet→ 楽天Edyチャージ、楽天Edyでアマギフチャージのやり方は少し複雑なので、別記事を参照ください!

 

忘れちゃいけないセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパールAMEXカードは年会費1,100円 (初年度無料、1円以上のカード利用で無料)のアメックスカードです。還元率は0.5%で、貯まるポイントは永久不滅ポイントです。QUICPay決済で3%還元キャンペーンを行っています。欠点は1,000円毎のポイント還元なので端数が出やすいという点ですが、高額なら無視できるレベルです。永久不滅ポイントはみずほルートでレート70%でANAマイルに交換できます。マイル以外ではdポイントへの等価交換がオススメです。  

 おわり。

d払いステップボーナスの攻略法

【目次】

 

d払いステップボーナス誕生!

2021年9月1日(水)~2022年3月31日(木)の期間で「d払いステップボーナス 」が実施されます。ドコモユーザーが対象の制度で、d払いが最大3%還元になります。d払いの支払い設定に条件があり、dカード、d払い残高、電話料金合算払いが対象です。

f:id:payka:20210903163842p:plain

 

最大3%還元の内訳は?もっとお得にできる!

最大3%還元の内訳は4本立てです。① 基本還元率 0.5%、② 前月の決済回数 最大1.0%、③ dカード支払い 1.0%、④ ギガホプラン契約 0.5%で計3.0%還元です。

f:id:payka:20210903164055p:plain

② 前月の決済回数は1日~月末日が対象で、翌月10日~翌々月9日の還元率に反映される仕様です。

f:id:payka:20210903172018p:plain

 

ここで注目すべきは、③ dカード支払い 1.0%は単なるクレジットカードの還元ということです。ですから、正確には(2.0%+クレカ還元)がd払いステップボーナスの本質だと思います。

つまり、dカードよりも還元率の高いクレジットカードで支払えば良いのですが、d払いにdカード以外を紐づけるとd払いステップボーナス自体が対象外になってしまいます。そこでd払いを「電話料金合算払い」に設定し、電話料金をお得なクレジットカードで支払います。例えば、Visa LINE Payクレジットカード (還元率2%)で電話料金を払えば、最大4%還元になるということです。修行中のクレカがある場合も、この方法で設定すればd払いステップボーナスと併用できます。

 

絶対にやってはならない罠設定

絶対にやってはならない設定があります!それは、d払いを「電話料金合算払い」にし、電話料金をdカードで払う方法です。なぜなら、電話料金はdカードのポイント還元対象外なのです。つまり、電話料金とd払い利用分に対するポイント還元を捨ててしまうことになります。

f:id:payka:20210903165534p:plain

 

ahamo+dカードGOLDの組み合わせは要注意

ahamoの料金をdカードGOLDで支払うとメリットが2つあります。① dカード利用額に対して10%還元 (付与上限 300P)、② +5GB (25GB)パケット増量です。特に②はahamo料金をdカードGOLDで支払うことが条件になっており、d払い:dカードGOLD、ahamo:dカードGOLDとするしかありません。

f:id:payka:20210903170152p:plain

 

ギガホプラン+dカードGOLDはdカードGOLDで払わなくてOK!

ギガホプラン+dカードGOLDで有名な10%還元ですが、これはdカードGOLDでの支払いは条件ではありません (dカードGOLD会員であれば自動的に対象)。もしdカードGOLDで電話料金を払っているのであれば、すぐにやめるべきです。前述の通り、dカードGOLDは電話料金に対してポイント還元対象外だからです。例えば楽天カードで払った方がお得で、dカードGOLD特典 10%還元+楽天カード 1%還元=11%還元になるのです。d払いの設定は、d払い:電話料金合算払い、電話料金:お好きなクレジットカードもしくはd払い:dカードGOLD、電話料金:dカードGOLDのどちらもOKです。

f:id:payka:20210903170950p:plain

 

d払いステップボーナスの設定方法はコレで決まり!

① dカード以外をメインカードにしたい場合

d払い:電話料金合算払い

電話料金:メインカード (高還元カード、修行中のカード等)

② dカード/dカードGOLDがメインカードの場合

d払い:dカード/dカードGOLD

電話料金:dカード/dカードGOLD

③ ahamo+dカードGOLDの場合

d払い:dカードGOLD

電話料金:dカードGOLD

④ 絶対にやってはならない設定

d払い:電話料金合算払い

電話料金:dカード/dカードGOLD

 

以上です。お得な設定をやってみてください!

【絶対やるべき!】dポイント→ iDキャッシュバック (dカード)で10%増量!!

2021年9月1日(水) 10時~「dポイント→ iDキャッシュバック (dカード)に交換で10%増量キャンペーン」がはじまります!長期的にお得なキャンペーンなので詳しく書いてみたいと思います。公式サイトもご確認ください。

f:id:payka:20210831214931p:plain

 

【目次】

 

iDキャッシュバック (dカード)とは?こんな制度です!

dカードのiD決済の利用代金にdポイントを充当する制度です。よって、dカード会員限定のサービスです。ドコモ回線がなくても利用できます。流れがやや複雑で、先にdポイントをiDキャッシュバック用に交換し、交換した月の16日から6か月間で、交換ポイントがiD決済額に充当されていくという感じです。交換は専用サイトから行います。100ポイント単位で充当されます。期間・用途限定ポイントも利用できます。交換できるのは月40,000ポイントが上限です。iD決済で充当できなかったポイントは返還されますが、期限切れのポイントはそのまま失効します。

f:id:payka:20210901111416p:plain

 

このキャンペーンは何がすごい?

今回のキャンペーンでは、dポイントをiDキャッシュバック (dカード)に交換すると、10%増量されてdカードのiD決済額に充当されます。つまり、100ポイントが110円分として充当されます。還元率9%に相当し、かなりの高還元率が実現します。

f:id:payka:20210901111316p:plain

 

キャンペーンのやり方は?

① dポイント集めます。ポイントサイトから交換しましょう。40,000ポイントあればフル参加できます。こういう時に普段のポイ活の努力が実ります(笑)。

②  公式サイトからやりましょう。

③ 9月1日~30日にdポイントをiDキャッシュバック (dカード)に交換します。上限40,000ポイントです。

④ 9月16日~2022年3月15日の6か月間で交換ポイント分、11月16日~2022年5月15日の6か月間で10%増量分をdカードのiD決済で使えばOKです。例えば上限40,000ポイントを交換した場合、9月16日~2022年3月15日の6か月間で40,000円、11月16日~2022年5月15日の6か月間で4,000円を使えることになります。非常に複雑なので、11月16日~2022年3月15日の4か月間で44,000円分使うと覚えておく方が良さそうです。

 

私は早速、上限の40,000ポイントをiDキャッシュバックに交換しました。

f:id:payka:20210901111139p:plain

 

注意点

確実に使える分を交換してください。期限切れのポイントは失効してしまいますので爆損です。ですが、iD決済はほぼどこでも使えるので上限の4万ポイントを攻めたいですね。対象はiD決済です。最近流行りのVISAタッチは対象外なのでご注意を。

LINEポイントをSuica/6gram/Edyにチャージして2.5%~3.0%還元にする方法

重大発表がありました。2021年8月~Visa LINE Payプリペイドカードに還元率1%が設定されます!しかも新規で作成する方は入会翌月の還元率が+5%=6%になります!!詳しくは公式サイトをご覧ください。

これの何が爆益かと言うと、LINEポイントをSuica/6gram/Edyにチャージして、還元率2.5%~3.0%で支払いに使えるようになるのです!新規の方は+5%なので驚異の7.5%~8.0%になります。

今までLINEポイントは、手数料176円で現金化するか、そのまま支払いに使うか (還元なし)しか方法がなかったので、非常にアツいルートの誕生になります。

f:id:payka:20210730003544p:plain

 それでは順番にみていきます。

 

① LINEポイントをLINE Pay残高に変換する

LINE証券が必要です!友だち招待プログラム で500ポイント+3株がもらえます。

手順は簡単で、LINEポイントをLINE証券口座に入金し、証券口座からLINE Pay残高に出金するだけです。株を買う必要はありません。

👇 超詳しく解説している別記事「LINEポイントを現金化する方法」があります。これの手順③までやって戻ってきてください。 

 

② LINE Pay残高をTOYOTA Walletにチャージする

Visa LINE Payプリペイドカードが必要です!LINEアプリを開き「ウォレット→ LINE Pay→ プリペイドカード」と進むと即時発行できます。2021年8月に新規発行すれば9月が+5%還元、9月に新規発行すれば10月が+5%還元です。本人認証サービスの設定も必須で、以下の通り設定します。

f:id:payka:20210715010434p:plain

 

f:id:payka:20210715010612p:plain

 

本人認証の設定が終わりましたら、TOYOTA Walletのチャージ用クレジットカードにVisa LINE Payプリペイドカードを紐づけます。この時、先ほど設定した本人認証のパスワードの入力が求められます。

f:id:payka:20210715010906j:plain

③ TOYOTA WalletからEdy/6gam/Suicaにチャージする

TOYOTA WalletからEdy, 6gram, Suicaにチャージすることができ、すべて1.5%還元の対象です。さらにEdyなら支払い時に0.5%還元なので計3.0%還元が実現します。EdyへのチャージはAndroid端末、物理Edy+iPhone、物理Edy+ICカードリーダー+PCで可能です。Edyへのチャージについては別記事に詳しくまとめました。

6gramへのチャージのメリットは2点です。1つはTOYOTA Walletの1決済あたり上限5万円の制限を克服することができます (5万円ずつ6gramにチャージ貯めしておく)。もう1つは6gramにはリアルカードがあるので実店舗決済が可能になります。

SuicaへのチャージはJR東日本利用者の方にメリットがあります。JR東日本在来線の運賃に対し、50円につき1P (JREポイント)が還元されるので、最大2%上乗せされ、計4.5%還元になります。まぁそもそも利便性の高いSuicaにLINEポイントを流せること自体に、付加価値があるのかもしれませんが...

 

というわけで、LINEポイントが余っている方は試してみてください(*^^)v 

三井住友カードゴールドナンバーレス (NL)の参加スタンス3選!!

三井住友カードに新しいゴールドカード『三井住友カードゴールドナンバーレス (NL)』が誕生しました。特徴は2点で、① 2021年9月までに発行すると初年度年会費無料で、② 1年間で100万円決済すると年会費永年無料になります。

まず、ノーマルNLとゴールドNLを比較すると以下のようになります。

f:id:payka:20210707010839p:plain

 

ライバルとなるゴールドカードはやっぱりエポスゴールドカード (JQ CARD エポスゴールド)になると思います。よ~く比較してみてください。迷いますよね?笑

f:id:payka:20210702154801p:plain

 

ちなみに、三井住友カードゴールドNLの魅力をアンケートした結果、以下のようになりました。

 

SBI証券へのカード投資1%還元に魅力を感じる方が半数以上を占めました。しかも現在、SBI証券:スタートダッシュキャンペーン期間で、2022年1月積立分まで三井住友カードゴールドNLなら2%還元で投資ができるのです。

 

そこでゴールドNLの参加スタンスを3通りに分けてみました。

 

1. ガチでゴールドNLを保有する

1年間で100万円を利用し、年会費永年無料を目指すパターンです。年間100万円利用に投資分は含まれないので、税金、Kyashを介したTOYOTA Walletや6gramへのチャージ、au PAYチャージ (MasterCardに限る)を駆使して頑張るしかありません。

メリットは放置プレイでも無料ゴールドカードを保有し続けることができ、1%還元投資もできる点です。また、メインカードとして毎年100万円利用を目指し、ボーナスポイント10,000Pを獲得すれば、還元率を実質1.5%に高めることも可能です。エポスゴールドと同じ使い方ですね。

【要確認】三井住友カード ゴールド(NL)の年間100万円特典の対象項目

 

2. おいしいところ獲りをする

ポイントサイト案件、初年度無料、SBI証券スタートダッシュキャンペーンだけを利用するパターンです。2021年7月2日現在、ライフメディアで8,100円 (以下リンク参照)の案件があります (もっと上がって欲しいですが…)。 スタートダッシュキャンペーンでは最大6,000P (毎月5万円投資×6か月=30万円の2%還元)が獲得できます。合計14,100円相当です。そして、1年以内に解約すれば、おいしいところ獲りが可能です。※ 三井住友カードを初めて発行する方は、さらに公式から最大13,000Pを獲得できます。

 

3. 参加しない!(マネックスカード作りたい!)

ゴールドカードの特典内容はハッキリ言ってエポスゴールドカード、特にJQ CARD エポスゴールドに軍配が上がると思います。ゴールドNLが有利な点は1%還元投資 (年間最大6,000P)くらいです。ノーマルNLでも0.5%還元で投資ができるので、その差は0.5%、年間最大3,000Pに過ぎません。年間3,000Pのために100万円修行するのか?他にお得な支払い方法があるのに、それを封印して頑張れるのか?クレヒスは大丈夫か?(特にマネックスカードを作る予定の場合)という自問自答も大切です。ちなみにエポスゴールドがない方は、エポス修行を絶対優先するべきだと思いますよ!